スノーボード ウェアの選び方 初心者のためのウェア選び

スポンサードリンク

スノーボード ウェアの選び方 初心者のためのウェア選び

防水や防寒、防風といった機能を果たし、雪山で動きやすい服装ならウェアはなんだって構いません。しかし、ゲレンデで主流なのはやはり『アルペン風』か『フリースタイル風』のどちらか。特にボトムはコケることを考えて膝パッドやヒップパッドが入っているものが多いです。トップも長めのウェアを買っておくと、雪が入りにくく寒さも少なくて便利でしょう。ファッションボーダーにとっては滑りよりも重要なフェア選び、ずぶ濡れになるのを覚悟するのであれば、性能度外視の見た目重視という選択肢もあります。いずれにせよ、基本を踏まえた上でなた自分たちで自由に楽しむことが出来るのがスノーボードの醍醐味です。ちなみにフリースタイル系ボーダーはストリートファッシションのような外見で、アルペン系はボディースーツで固める、いわゆる『アルペンレーサー』が多いです。

あなたはどっちを選ぶ?ファッションの派閥

アルペン派

これまでのアルペン派はスキーヤーと変わらない見た目。特にレーサーと呼ばれるファッションはその名の通り、スキーのアルペンレーサーと全く大差ない見た目になっています。しかし、最近ではフリースタイル派に近い服装で滑るアルペン派も結構居ます。

フリースタイル派

フリースタイル派いわゆる『ストリート系ファッション』が多く、普段着感覚で滑ることが出来るのが大きな特徴。ダークでダボッとしたウェアや、真冬にトレーナーで滑るボーダーなんてのも居ます。これらはスケートボードの延長線として滑っている感覚が多いためか、ピアスをつけている率も結構高めです。最近ではダーク系から濃い色に流行がシフトチェンジ。アメリカ製が大半を占めているのは相変わらずですが、それもパステルカラーに変わりつつあったりと、色の変化が目立っています。ボトムに関してもダボッとしたものからラインの細いものに変わりつつあるので、だれでも低交換なくフリースタイルはに望めるかもしれません。

オールラウンド派

実はウェアにオールラウンド派というのはそうそうありません。スキーウェアのボーダーが大半で、ウェアもスキーで使っていたものを転用する人が多いからでしょう。
スポンサードリンク