スノーボードのボード(板)の種類 スタイルごとの紹介

スポンサードリンク

スノーボードのボード(板)の種類 スタイルごとの紹介

ボードの呼び方によって形状や作りも変わってきます。一枚板のように思われるスノーボードも作りによって滑りやすさやカーブのしやすさが大きく変わります。
今までヘタクソだったけど、ボードを変えたら思うようにいったという例もあるぐらいですから、ボードの特徴を把握しておくのも重要です。

フリースタイルボード

ソフトブーツとソフトバインディングがセットになったボードです。ボードの幅が広く、サイドカーブは緩めでフレックスは柔らかめ。このフリースタイルボードには『ハーフパイプ型』『ジブ型』『オールラウンド型』の3種類があり、主流になっているのは使いやすいオールラウンド型です。

ハーフパイプはその名の通り『ハーフパイプ』と呼ばれる左右に急斜面が設けられている、パイプを半分に割ったようなコースでさまざまな滑りを見せるためのボード。ジブ型は雪面であれば場所を問わずトリックが可能。
ただしこの2つはターンしづらい欠点があります。対してオールラウンド型はターンやトリックもそこそこ出来るタイプですが、前後のシャベルが若干絞り気味なので、全長も短めです。それでも有効エッジ長が110~115cmとそこそこ長く、ある程度使いやすい構造になっています。

アルペンボード

ハードブーツやハードバインディングを組み合わせたボードがアルペンボード。シャープなターンにエッジの素早い切り返しは、まさにスタイリッシュなスノーボードの代名詞と言えましょう。
細身でサイドカーブがキツくフレックスも硬めなため、素早い加速とカーブが売りと言えます。反面、柔らかい雪やターンを駆使するトリックには向いていません。かつて、アルペンモデルは左右非対称のボードが主流でした。

その形状がウケていたフシもありましたが、現在では左右対称のボードが人気です。いずれにしてもコントロールの難しさがアルペンモデルの特徴でもあり、うまく乗りこなせれば『じゃじゃ馬を乗りこなした!』という達成感も得られる、なかなかおもしろいボードと言えます。はじめから扱うには少し難易度が高いですが、アルペンから変えるつもりがないのであればアルペンで通してみましょう。

オールラウンドボード

アルペンとフリースタイルの特徴を織り込んだボードです。このオールラウンドボードの中にもさまざまな呼ばれ方があり、ゲレンデ滑走用のスピード重視な『エクストリーム』なんてものもあります。フリースタイルにもオールラウンド型がありますが、こちらのほうがより加速しやすい作りになっています。
ターンもトリックも出来、どのような雪面コンディションでも対応できる。その上アルペンやフリースタイルのように際立ったくせが無いため、ボード全体を通しての人気は高く、初心者にもお勧めです。

初心者の場合はソフトブーツとソフトバインディングの組み合わせで行きましょう。
スポンサードリンク