スノーボード初心者におすすめのボード(板) 選び方

スポンサードリンク

スノーボード初心者におすすめのボード(板) 選び方

一番高く重要なのがボード。というよりもボードがなければ滑ることすらままなりません。形状もフリースタイルで行くか、それともアルペンにするかで迷うところですが、ここで説明をする内にきっとどれにしようかと二転三転しそうな気もします。それらを防ぐ意味でも初心者はオールラウンド系が一番と伝えています。

しなりを確かめる

ボードは硬い一枚板ではなく、しなるものです。このしなりを『フレックス』といい、フレックスが硬いボードもあれば柔らかいボードもあります。特徴として、硬いボードは回しづらい反面動かしやすく安定性に長けている。一方柔らかいボードは回しやすいものの、板がふらつきやすく安定性に乏しい作りになっています。初心者だといろんな板を確かめて、中間の柔らかさをチョイスするのが一番でしょう。ただし、体重の大きなおふとりさまの場合だと固めがおすすめ。逆に軽い人だと柔らかめでも安定して乗りこなせるでしょう。とどのつまり、乗った時のどれだけボードがたわむかを基準に考えるといいかもしれません。固かろうとや笑過労と、たわみが大きければ回しやすく、滑りの安定性に乏しいと言えましょう。

ボードの長さは肩から目がポイント

ボードの長さも滑りやすさを決める上で重要です。長いほど回しづらいものの安定性に富み、逆に短ければ回しやすく、高速になるとふらつきます。初心者や初級者は余程がない限りスピードを出す場面はないので、短いほうがターンもうまく出来て楽ができます。この時、長さの基準は『体の前にボードを立て、トップが方から目の間に来る』位置がベスト。しかし、体重が大きな人はもっと長い板を、逆に軽い人はもっと短くても構いません。なお、ボードを体の前に立てる時はヒールのない靴で確認しましょう。特にハイヒールを履いたまま確認すると必ず誤差がでます。脱ぎましょう。

有効エッジ長をチェック!

『有効エッジ長』と言われてもピンと来ない人も多いかと思いますが、実はボードの長さよりこっちのほうが重要だったりします。これは実際にエッジが動く長さで、ノーズの出っ張っている部分以降を除いた長さを指します。この出っ張っている部分ではエッジングしないので、この部分を省いた長さが有効エッジ長となるわけです。この有効エッジ長が長ければ長いほど安定性が高くて回しづらく、逆に短ければ回しやすく安定性が低いボードです。同じボードでも張っている部分以降の長さで有効エッジ長が変わってきます。最初はレンタで滑り、自分にあったエッジ長を考えてみるのもいいかもしれません。

ボードの幅はブーツの長さに合わせたものをチョイス

連続ターンを決める時、片側のエッジから反対のエッジに乗り換えなければいけません。これを『エッジの切り替え』といいますが、この時にボードの幅が広すぎると一苦労します。しかし、ボードの幅が狭いと今度がブーツがボードからはみ出てしまい、フロントサイドターンの時に靴が雪面に刺さって横転なんてことも。したがって、ボードに後ろ足のブーツを起き、はみ出ないピッタリサイズがベストと言えます。最近では女性用ボードという名前で幅の狭いボードも増えています。

サイドカーブがキツいボードは小回りに最適

真上からボードを見ると、両サイドのラインが直線ではなく、くびれたカーブ上になっています。このクビレを『サイドカーブ』と呼び、このサイドカーブがキツければきついほどシャープな小回りがきくようになります。最近では『キャップ構造』とよばれる生産コストが安く、しかも軽くで耐久性が高いボードも増えてきました。操作性も『キャップ構造だから悪い』というものではなく、こだわるべき場所でもありませんが、頭に停めておくと安い掘り出し物が見つかるかもしれません。
スポンサードリンク