スノーボード グッズの選び方 キャップやゴーグルなど準備しておいた方が良いもの

スポンサードリンク

スノーボード グッズの選び方 キャップやゴーグルなど準備しておいた方が良いもの

ウェアの他にも身につけるグッズはさまざま。意外と見逃しやすいものですが、あるのとないのでは非情に大きな差が生まれます。

クラブ

転倒した時に雪に手をうずめてしまうこともしばしば。これを何度も繰り返すと手がしもやけになったり、場合によっては凍傷を負うこともあります。このような事態を防ぐために手にはめるクラブがあるのですが、安物はやめておきましょう。よくワゴンセールで売られているものは防水性が無く、絞れるほど水を含んでしまうこともあります。ここでもゴアテックス素材のクラブがおすすめ。そして肘まで覆えるようなロングタイプのクラブであればなお便利です。もちろんフィットして指を動かしやすいクラブでもいいですが、このようなフィットするクラブは保温性に乏しく、手や腕が冷たくなるのが難点。したがって保温性を求めるなら膨れているようなウェアをおすすめします。一番暖かいのはウールの手袋にミトンを重ね履きしたもの。この場合手の動かしやすさが難点となりますが、その点だけを望めば非常に優れています。

キャップ

ニットキャップが無難です。他の帽子は飛びやすいという欠点もありますが、ニット帽は耳までカバーできる点で他の帽子より優れています。吹雪の時は耳が千切れそうに鳴るほど痛むので、ニット帽の有り難みが大変実感できます。ルックスに関してはこれといったものがなく、個人の自由で選ばれています。

ゴーグル

晴れた日の雪山は上からの直射日光に加え、雪山の照り返しが加わってまさに『紫外線の十字砲火』にさらされます。特に目元はしっかり対策しないと目が炎症を起こす『雪目』になる恐れがあります。さらに雪が降っている時に滑ると雪が目の中に入ってきていたいだけではなく、視界が遮られて思わぬ事故につながることもしばしば。よってゴーグルはグッズの中でも重要性の高いものになります。目元を保護する意味ではサングラスが流行っていますが、コケた時に曲がったり割れたり、あるいは雪山になくしてしまうというリスクを考えると、少々不格好でもゴーグルのほうが安全です。ゴーグルを買うコツは『紫外線カットと曇り止めの有無』です。特にあると便利なのが『二重レンズ』と呼ばれるレンズとレンズの間に気密空間が設けられているゴーグル。これはヒーター方式やファン方式には負けるものの、軽いし安いという利点があります。ただし、二重レンズの場合は専用のゴーグルケースが必要となります。もしハダカのママバッグに放り込もうものなら、他の荷物に押されてゴーグルが歪み、気密空間が確保できなくなってしまう恐れがあります。こうなってしまうと曇り止めの効果は亡くなってしまいます。ただし、内側に中性洗剤を塗るという方法で曇り止めを行う手もあります。これなら手軽に曇り止め付きのゴーグルにすることが出来ます。

ヒップガード

ゴーグルと同じぐらいに重要なのがヒップガード。ボトムの下に履くことでどこに座っても冷たさを和らげ、水の侵入も防ぎます。それだけではなく、お尻からコケても痛めることのない。これはアイスバーンだとなお助かります。ヒップガードはできるだけ高いものはいいでしょう。ヒザを同時に守ってくれるものならなお頼りがいが有ります。見た目はスポーツタイプがほとんどで、ヒップとヒザにはウレタンパッドが入っています。値段はおおよそ5~6千円。ヒップだけなら2000円で済んでしまいます。これとは別に、ウェットスーツの素材で出来た釣り用のヒップガードも有ります。こちらはあまり水を通さず、保温性にも優れているのでディスカウントショップか大きな釣り用品店で探してみましょう。おそらく1000円台で見つかるはずです。
スポンサードリンク