スノーボード初心者 おすすめのブーツと選び方

スポンサードリンク

スノーボード初心者 おすすめのブーツと選び方

ブーツにはソフトとハードがあり、アルペンにはハード、フリースタイルにはソフトブーツを履きます。もう答えを言ってしまったように見えますが、ブーツを選ぶ際はボードの特性にあったブーツを選ぶようにしましょう。どちらのタイプにするにしても、一番気にしなければいけない点は『フィット感』です。ブーツの中で足が遊ぶようなら、それはブーツが大きすぎる証拠。体の動きがボードに伝わりにくく、思うような滑りが実現しにくくなります。逆にハードブーツの場合、少々の余裕が無いと滑っている内に痛みが走り、苦痛との戦いになるうえ靴ずれを起こす原因にもなります。ただし、部分的に足が当たるのであれば『シェル』と呼ばれる部分を押し出したり、フィッティング用のクッションを当たる場所にはりつけてフォローすることは出来ます。

履かないで買うのは金をドブに捨てるようなもの

どんな靴でも試着せずに買うことはないと思いますが、スノボー用のブーツも同じです。足の幅や甲の高さ、かかとのくぼみといった部分はメーカーによって差がでます。試着の時にちゃんとバックルや紐をつけ、しばらく歩きまわって履き心地を試してみましょう。さらに、足を上げた時にカカトが浮かないか、くるぶしがあたってないか、つま先が痛くないかという細かなフィット感は歩いてみないと分かりません。当然痛くなれば靴があっていません。『ブーツは履いている内に慣れるもの。だから少しきつくても大丈夫』とは言いますが、氣つづぎて履くのに苦労するようでは話になりません。そして、一番面倒なのが『むくみ』。運動している内に血液が足に下がって膨らみ、締め付けられて痛くなってはスノーボード自体が苦痛に感じてしまいます。そこまでしてスノボーをやるよりも、まずはブーツを何とかしましょう。その『何とか』をしないためにも、試着は絶対にしましょう。
スポンサードリンク