スノーボード ウェア選び 失敗しないボトムやトップのの選び方

スポンサードリンク

スノーボード ウェア選び 失敗しないボトムやトップのの選び方

ウェアも全体を通してみるとさまざまなパーツがあり、特徴も異なります。店員に言われるがままに買って後悔しては意味がありません。先手を打って学んでおきましょう!

ボトム

初心者の場合だとヒザパッドやヒップパッドは必須。これは雪の上に座ったり膝立ちしていると、おしりやヒザだけが異様に冷たくなる現象を抑えるためと、転倒した時の怪我防止の両面があります。何より雪と接する部分の多いお尻やヒザですので、初心者じゃなくても欲しいところです。染みこんで不快なまま滑っても面白さが半減してしまいます。買ったあとにパッドがないと気づいても、膝パッドやヒップガードは別売りされているので買って付けちゃいましょう。ちなみに膝パッドはバレーボール用のでもいいですし、ウールのサポーターでも構いません。水が染み込むのは避けられませんが、怪我を防ぐ効果だけはバッチリです。ただし凍傷に気をつけて!

トップ

フリースタイルのトップは異様に丈が長く、座った時に座布団のようになってくれるのが嬉しいところです。素材に関しては水をはじき、蒸れない『ゴアテックス』がお勧めですが、値段が割高なのは目をつぶりましょう。真冬や晴れた日は直射日光が照りつけ、暑くなることもしばしば。そんな時に温度調整が出来るように厚手のトップを何枚か着用してもいいかもしれません。特に外から2,3番めはフリースがお勧めです。フリースは暖かさと軽さが魅力的で、最近のブームになっています。ただし水を吸収するので一番外に切るのは控えましょう。

アンダーウェア

アンダーウェアの質はゲレンデでは大きな差になります。おすすめしたいのは登山用のアンダーウェア。クロロファイバーやサーマスタット、ジオラインといった保温性と発汗性に優れたものが多く、木綿のアンダーとは比べ物にならない性能を誇るのでスノーボードで使う時もぜひおすすめしたいものです。
スポンサードリンク