初心者がスキー場(スノーボードで滑る場所)で気を付けることとマナー やってはいけないこと

スポンサードリンク

初心者がスキー場(スノーボードで滑る場所)で気を付けることとマナー やってはいけないこと

どんなに一流のウェアやボードを着込んだり身につけていても、行動が覚束なければ初心者だとバレてしまう。これならまだ可愛いものです。温かい目で見てくれるでしょう。しかし、身についていないとボーダーとしては落第点です。雪山でやってはいけない行動を平気でやっていると、周囲のベテランボーダーから冷たい視線をぶつけられても文句は言えません。

そもそものマナーを守らない

斜面の真ん中で練習したり、練習どころか固まっておしゃべり。直滑降で人目もはばからずに爆走。おまけにゴミまで捨てるなどなど……。下手でも文句は言わないし、スッポ抜けても見逃してくれるボーダーでもこればかりは許されません。マナー違反でゲレンデから追い出される前に常識的な行動を取りましょう。

犬の散歩はタブー

実際に犬を連れて行くのもどうかと思いますが、ここではボードを手に抱えず、リーシュコードのは死を持って引っ張るさまを言います。その姿はまるで犬の散歩。見苦しいのもあれば急斜面ではスッポ抜ける危険性もあります。何よりボードが傷つくことだってあります。ボードは重くても手で抱えましょう。

周りの目を配ろう

コース途中からスタートする場合、回りでは何人ものボーダーがコースの初めから滑走しています。この滑走中にもしあなたが飛び出してきたら……当然ぶつかって大怪我。かっこいいボーダーが華麗に急ターンしてくれるはずもなく、現実は非情なものです。自分の進行方向だけしか見ないのは悪い初心者の悪い点とも言われます。周囲に気を配り、安全かつ自由に滑ってこそ、いい初心者と言えます。これらのルールは必ず守り、楽しいライディングを行いましょう。
スポンサードリンク