スノーボードのターンをすぐに上手く綺麗にできるようになる裏ワザ

スポンサードリンク

スノーボードのターンをすぐに上手く綺麗にできるようになる裏ワザ

ターンより先に横向きに真っ直ぐ滑る方法については別のページで紹介したとおりですが、ターンできずにコースの端まで来てしまった場合はどうしましょう?
まず止まり、そのあと向きを変えなければなりません。止まるのはヒザかお尻を付けば何とかなりますが、ターンが出来ないのに方向転換をしようとしても難しい話です。そこで、2つのテクニックのどちらかを使いましょう。

ジャンプして方向を変える

ピョンピョンとジャンプしつつ、少しずつノーズを進行方向に向けます。うまい人は一気に180度ジャンプしたりもしますが、慣れない内にやるものではありません。
ノーズが下を向けば当然滑り出しますが、スピードが付かないうちなら心配しなくても大丈夫です。この動作はリカバリーの時にも必要になってくるので覚えておきましょう。

転がりまわって方向を変える

その通り、雪面に転がって方向を変えるのです。一見簡単そうに見えますが、ちょっとしたコツが要ります。フロントサイドからバックサイドに向きを変える場合、ひざと手を雪面につけ、背中をかくようにごろりと回転しましょう。
犬がごろりと回転するように、足を持ち上げてボードの向きを変えればなおさら楽です。反対にバックサイドからフロントサイドに変える場合は雪面に寝てしまうように仰向けに腰を落とし、転がりましょう。反動を使い、手で太ももを引き寄せれば楽に回転できます。
どちらのやり方も一長一短ですが、慣れないうちはゴロンと転がって方向転換するほうがいいかもしれません。もちろん、雪まみれになるのが嫌ならジャンプでの方向転換も悪くないでしょう。どちらにしても便利な方向転換には変わりません。
スポンサードリンク