ストックを使ったスノーボードの練習方法

スポンサードリンク

ストックを使ったスノーボードの練習方法

よく紹介されている練習法の1つに、スキーのストックを使うものがあります。ストックを使ってターンのきっかけを掴んだり、転倒防止の役割を果たすというものです。しかし、この練習法はおすすめしません。確かにストックを使った練習法は楽だしきっかけを掴むにはいいものです。とりわけスキーをしたことがある人なら、いざという時のストックの有用性がよく分かるはずです。しかし、はじめからストックを使うとクセができてしまい、ストックを使うことを前提とした滑りになってしまいます。したがって『いつまでも肩が水平にならない』『足が思うように動かない』といった状況でもない限り使うべきではないのです。スノーボードは従来のスキーに比べてスタイリッシュなイメージを持っています。その原点こそストックの有無とボードの数。1枚のボードに機能を集約し、体をストックの代わりにすることで、より自由な感覚で滑ることが出来るようになりました。スノーボードでストックを使うのは、いうなれば中途半端な先祖帰りのようなものです。スノーボードのようなものにはなるものの、それはスノーボードではありません。『転んでうまくなれ』とは言いませんが、転ぶことも大事です。転んで危険性を知り、身を守リながらも何度もチャレンジして恐れをなくしていく。そうすることでストックを使うよりもはるかに早く上達できるようになります。両手フリーの感覚はスノーボードだけ。その感覚を殺してはいけません。
スポンサードリンク