スノーボードでスムーズなターンをするコツと練習法

スポンサードリンク

スノーボードでスムーズなターンをするコツと練習法

何もしなくても雪面が傾いていれば、ボードは自然と滑ってくれます。
しかもスノーボードの場合、力加減さえ身に付ければ『なんとなく』で曲がってくれます。かっこよさもありますが、感覚で滑ることのできるスノーボードはコツさえ掴めば誰でも滑ることが出来る。
それが人気の一つと言えますが、ターンをマスターすればより気持ちよく滑ることが出来ます。思いのままにボードを滑らせて雪面を駆ける姿はまさに注目の的ですよ!

ターンが出来ないのはヒザが絞れてないから

ターンの方法は簡単ですが、その為の動作に誤りがあれば、ターンが上手にできるわけがありません。
重心をセンターにキープし、上体を曲がりたい方向にゆっくりひねれば曲がってくれます。ですが、この重心が高いとうまくターンが出来ません。何故か、それは体の重心が後ろに傾いているからです。
重心をセンターにキープするためには、両膝の間をくっつけて内股気味にするのが大切です。そして、初心者はターン中に怖くてのけぞる(つまり重心が後ろに寄る)事が多いので、初めのうちは前足に重心が乗るぐらいの感覚で大丈夫です。重心が前方にあればテールが軽くなり、ボードの方向を後ろ足で決めることが出来ます。実はこの動き、前足でターンコントロールを行うサーフィンと真逆の原理なのです。
なので、サーフィンと同じように考えると中々上達しません。むしろ逆に考えるぐらいの発想の転換で望みましょう。バックサイドターンの場合は、後ろひざを進行方向に向けてうまくターンするのも上達のコツです。

怖い時ほど前のめり

ターン中に中途半端な重心移動を行うと、逆エッジになりかねません。
斜面が急になればなるほどその修正は顕著になるため、ターン中は常に前足に重心をかけるように努めましょう。これは初心者だからではなく、人間の本能がそうさせるのです。恐怖心が強くなることで重心が後ろになる。
いわゆる『逃げ腰』と呼ばれるものですが、恐怖心を感じると自然と腰が引けてしまうのです。これを克服するには、急斜面などの『怖いな』と思うものに積極的に挑戦することです。当然怪我のリスクも有りますが、『何とか克服したい!』と思う意思があればボードのコントロールは上達します。ここは頑張るのみです。
「怖い時ほど前のめり」ここは自分の気持ち次第です!頑張りましょう!
スポンサードリンク