スノーボードの板の性質 重心移動で華麗に滑ろう

スポンサードリンク

スノーボードの板の性質 重心移動で華麗に滑ろう

見る限り1枚の板でしかないスノーボード。これが操縦テクによってはスイスイと滑ることができルのは不思議だと思いませんか?原理がわからなくても滑ることは出来ますが、スノーボードをより深く理解するには構造原理を覚えることも重要です。頭で覚えた知識は体にも反映され、テクニックに活かすことも出来ますからね。

スノーボードは重心がセンターになるよう作られている

基本的にスノーボードとスキーは似たような仕組みをしています。ターンの種類や滑りも酷似していて、ストックの有無やボードの本数が唯一大きく違う部分と言えます。そのターンの種類も、たわんだ板のエッジ、そのカーブにそって曲がる『カービングターン』と、板を徐々にずらして曲がっていく『ドリフトスウィングターン』に分かれます。このどちらも重心がセンターにあるのが条件になっています。前でも後ろでもなく、センターにあれば理想的なコントロールが出来、そこに左右の重心移動を加える事で自由な滑降を行うことが出来ます。一見するとこう難易度と言われるトリックもまた、ボードに理想的な力を伝えているからこそ成し得たものと言えましょう。しかし、スノーボードはセンターに重心を置かなくても滑ってはくれます。初心者は恐る恐るになるので重心が後ろを向き、『後ろ滑り』や『逆エッジ』がかかりやすくなりますが、これでもコントロールいできないわけではありません。ある程度滑りが許容されているのは、簡単と言われる所以であり、ちょっと怖い部分でもあります。

後ろ乗りはボードの本質を生かせていない

後ろ乗りだと、ボードを半分しか使っていないことになります。こうなるとボード全体がたわまず、エッジも半分しか使わない。これではスピードコントロールもままに出来ないし、暴走してしまうこともしばしばあります。ボードの本性を露わにするためにも、正しいライディングを身につけてみましょう。コントロールの幅が広がれば、ボードはより自由に動くようになり、ボードに乗る楽しみも確実に増えます。
スポンサードリンク