切れ上がるターンは滑るラインをイメージしよう

スポンサードリンク

切れ上がるターンは滑るラインをイメージしよう

スポーツにおいて『イメージトレーニング』があるように、どのようなラインを描いて滑るかを考えるのも上達する上で大切なポイントです。『なるようになれ!』で滑っても上達しません。
しっかりとしたイメージを持てばさらなる上達が見込めるのです。

理想的な『切れ上がるターン』を作るには

うまいボーダーを見ていると、大回りの際に深く切れ上がりつつ、雪を舞い散らす動きを見せています。これがスノーボードにおける理想的かつ気持ちのいい『切れ上がるターン』です。これには『カービング』と呼ばれるテクニックがないと難しいですが、ここでは深く回るイメージを持つことが大事です。深く回るには目線や肩の入れ方がしっかりしていないと難しいものです。
しかし、逆に言えば『深く回るターンができる=目線や肩の位置が適切』ということになります。ソフトブーツだと『切れ上がるターン』はなかなか難しいものですが、上手くなるために深く回しこむ的ニックを身につけるのは大事です。

スキーとボードの滑降ラインは違う

スキーとスノーボード。どちらも蛇行しつつ雪面を滑っていくのには変わりませんが、滑降ラインにはかなりの違いがあります。スキーは大回りの時でも浅い弧を描いてターンするのに対し、スノーボードは深く回りこむターンと、垂直なラインが特徴的です。
この滑降ラインを覚えることで、スキーヤーとの衝突事故を防ぐよう心がけましょう。
スポンサードリンク