後ろ向きの転んでしまう(逆エッジ)の対処法

スポンサードリンク

後ろ向きの転んでしまう(逆エッジ)の対処法

転倒パターンとして多いのが『逆エッジ』と呼ばれるものです。逆エッジとは、谷側のサイドが雪面に引っかかって起こる現象。こうなると体が投げ出されるようにして転倒してしまいます。特にフロントサイドエッジの時にバックサイドのエッジを聞かせてしまうと、まるでバックドロップでも食らうかのように後頭部から投げっぱなし状態になります。これでもし、下がアイスバーンだったら大怪我は免れませんし、勢いがあるので後ろからじゃなくても結構痛いです。その痛さは思わず動けなくなるほど、なので逆エッジは怖いのです。では、どうすればそんな逆エッジが起きないようになるか。答えは単純。ターンを始めたら途中で逆に振らず、そのままターンしきってしまうことです。中途半端な上体で似非ってエッジを切ってしまうと、コントロールが効かなくなる上に逆エッジにもなりかねません。ターンしようとする積極性はいいのですが、真っ直ぐ滑る間を入れるとスムーズにエッジを切ることが出来ます。もし『これはマズい!』って上体を感じたら、エッジを切り直さずにそのままのエッジをキープ。転倒を防ぎましょう。

エッジの切り替えはニュートラルの時に

サイドスリップに違い状態でのエッジの切り返しも要注意しましょう。サイドスリップとはその名の通り横滑り。山の斜面と垂直にボードを向けた状態で滑ることですが、これで大怪我を負う人が多いです。ボードが横を向いている状態で逆のエッジを切れば引っかかるだけ。当然投げ出されて痛い目を見るでしょう。したがって、ボードが斜面と水平になった状態。つまりニュートラルな状態で新たにエッジを切るようにしましょう。また、逆エッジは斜度のゆるいコースで起こしやすい特性を持っています。逆に急斜面では重心が後ろにあっても、意外とボードが動いてくれるので逆エッジが起きにくいようになっています。(ただし起きたら1,2回転は覚悟しましょう)さて、ゆるやかな斜面で崩れた体制を摂ると、重心はより後ろに傾きます。この状態だとボードは中々動いてくれません。このようなゆるい斜面でこそ重心をセンターに持っていかないと、ボードは滑ってくれないのです。ここで当然無理な切り返しをすると逆エッジ。しかも谷側サイドのエッジと雪面との距離が急に近くなるため、簡単かつダイナミックに転びます。斜度が変わるときには重心も注意し、無理な切り返しは行わないようにしましょう。

逆エッジは試練

とはいえ、逆エッジが起きて痛さにくじけては上達しません。起こらないのが一番いいものの、スノーボードは実際に滑って覚える部分も多いので起こるときはやっぱり起こります。なので、転んでもくじけないようにしましょう。そして『手から付かない』『頭と首を守るように体から落ちる』ことを心がけ、大怪我を負わないようにしましょう。
スポンサードリンク