フロンサイドターンとバックサイドターンの練習の仕方

スポンサードリンク

フロンサイドターンとバックサイドターンの練習の仕方

『バックサイドターンは得意だけど、フロントサイドターンは苦手』こういった片方のターンは出来て、もう片方が出来ないという人が結構居ます。実はこのターンの苦手さにはれっきとした理由があるのです。

ターンの苦手さはスタンスの開きが原因!

スノーボードは横向きに乗るものです。そして、両足はつま先側がやや開く。これも特徴の1つです。では、この状態でフロントサイドに乗るとどうなるでしょう?答えは横ずれしにくく、まっすぐ滑れるようにします。具体的にはエッジをかける力が広く分散され、横への抵抗感が増加。そしてエッジより内側に体重を落としやすくなるためうまく滑れるというわけです。逆にバックサイドに乗るとどうなるか。
バックサイドではエッジに書ける力がフロントサイドよりも狭い幅になり、横への抵抗感が増大します。そして、お尻の下に重心を落とすため横ずれしやすく、結果としてターンの苦手さにつながります。結果、フロントサイドターンは『ずらしにくくスピードが出やすい』バックサイドターンは『制御しやすいがきれいなターンになりにくい』という特徴があげられます。

フロントサイドは恐怖心を捨て。バックサイドはひたすら練習

フロントサイドターンが苦手という人は、スピードへの恐怖心がある場合が多いです。なので逆に恐怖心さえなくしてしまえば、重心をセンターに乗せるだけで簡単に変えることが出来ます。逆にバックサイドターンは練習が必要です。
回ることはそれほど難しくありませんが、エッジの乗ったきれいなターンを決めるのにはスピードの制御と上手な体重コントロールが必要。ですので、とにかく練習あるのみです。
スポンサードリンク