スノーボードで初心者が一番最初に覚える滑り方

スポンサードリンク

スノーボードで初心者が一番最初に覚える滑り方

リフトを降りると目の前は断崖絶壁と見間違わんばかりの急斜面。しかたがないのでボードを担いで降りたという経験がある人も少なくありません。
このような場所にたどり着くとプロでもない限り滑るのは難しく、失敗すれば大怪我にもつながります。(それでも挑戦したいという人はボーダーなら少なからず居ます)そこで、少々地味ですがこのような急斜面でも安全に滑ることが出来る『サイドスリップ』を紹介しましょう。これさえ覚えれば安全に滑れるだけではなく、ターンをする上での基本テクにもつながります。地味で爽快感はないものの、身につけておくべきテクニックです。

サイドスリップはエッジングの強弱がポイント

とは言っても難しいものではありません。ボードを横に向け、少しづつボードと雪面の角度を少なくする――つまり、エッジングを弱めて行くことでゆっくり滑っていくのです。重心をセンターにし、雪面を綺麗に鳴らすように滑って行きましょう。
この時のスピード調整はエッジの強弱で決めます。遅くしたいならエッジを強め、早くしたいなら弱めに。ただしプロ級の急斜面なら慎重に行くのが一番でしょう。これで(不格好とはいえ)滑れるようになりました。とはいえ急停止やスピードダウンはやめましょう。逆エッジによる転倒にもつながり、大怪我を負う可能性があることを頭に留めておいてください。
スポンサードリンク