ドリフトスウィングターンの滑り方とすぐに覚えられるコツ

スポンサードリンク

ドリフトスウィングターンの滑り方とすぐに覚えられるコツ

スノーボードのターンは基本的に2種類に別れ、その1つが『スウィングドリフトターン』です。サイドスリップのようにボードを少しづつずらしていき、方向を変えるターンをこう呼びます。

方のひねりは前足に乗る感覚で

手順として、まず曲がりたい方向に肩をひねって上体を先行。そこから徐々にボードを回していくだけでターンを決めることが出来ます。このドリフトスウィングターンにはいくつか種類があり、幅によってずらし方も異なります。当然ずらせばずらすほどスピードコントロールもしやすくなるので、まずはある程度大きく回るミドルのターンから覚えていきましょう。恐怖心が少なくなり、後のターンも練習しやすくなります。
ターン中の重心はあくまでもセンターというのは忘れないようにしましょう。感覚として、前足に乗るぐらいの意識を保ち、後ろ足で方向をコントロールします。ただし、上体がかぶるほど前足を乗っけては行けません。
また、重心が後ろに来ても必要以上にボードがずれてしまうので、あくまで重心はセンターを保つようにしましょう。

動作はゆっくりと

ターン時の上体は進行方向に向け、急に動かしてはいけません。急激に上体を動かすと逆エッジに引っかかりやすく、転倒の危険性が増します。そのうえきれいな弧がかけず乱れたものになってしまいます。さらに、体を倒しすぎるとボードが立ちすぎてずれてくれなくなり、不意なスピードアップから腰が引け、思う方向に進んでくれないという負の連鎖にもつながります。カーブを行うときは雪面の加減を見てから行いましょう。慣れてくると雪面の機嫌に応じた力を入れることで、ある程度どこでもターンできるようになります。
スポンサードリンク