カービングターン(ロング)を上手にやるコツと練習方法

スポンサードリンク

カービングターン(ロング)を上手にやるコツと練習方法

ドリフトスウィングターンに対し、もうひとつの基本ターンとなるのが『カービングターン』です。このターンはドリフトとは違い、一本のレールに乗るようにボードをずらさずに回るターンです。その秘訣はボードのしなりにあります。しなりに沿ってぐっとスピードに乗って行く。
スノーボードをやる上で気持ちのいい滑りごたえを実感できる瞬間とも言えましょう。スノーボードの基本ターンの1つではあるものの、フリースタイルではこのカービングターンが上手かどうかが順位を分けるとも言われています。
それだけに高度なテクと思われがちですが、基本には変わりなく、スノーボードをかっこ良く見せるには覚えて損はない。それがカービングターンです。

エッジを効かせ、腰と膝を進行方向に向ける

まず上体を先行させ、ターンのきっかけを作りましょう。ここまではドリフトスウィングターンと変わりません。ここから意識することは、ひざを普段以上にしっかり絞り、腰をひざを進行方向に向けてしっかりエッジをきかすことです。
そのためにはやや低めの姿勢でターンに入るように心がけましょう。ドリフトスウィングターンでは後ろ足がハンドルでしたが、カービングターンでは両足でコントロールをつかむ。そして全身を舵のように扱うためドリフトより難しく、そして切れ味のあるターンが実現するのです。

お尻の落ちすぎに注意

バックサイドターンの時、ボードをしっかり不毛と意識するあまり、おしりが落ちているケースがあります。こうなっては間違いなくボードがずれ、きれいなターンができなくなります。
ターンの時は上体のひねりだけではなく、後ろ足のひざを進行方向に入れることでお尻がボード上に乗り、安定した滑りになります。
カービングターンは1シーズン頑張れば取得できるターンです。もし、これからスノーボードを始めようと考えているのであれば『シーズンが終わるまでにカービングターンをマスターする』ことを目標にして見てはいかがでしょうか?
スポンサードリンク