初心者が初めてスノーボードで滑る時の滑り方

スポンサードリンク

初心者が初めてスノーボードで滑る時の滑り方

『滑る』ことだけを考えると、斜面の上から下にかけて直滑降で滑るイメージがあります。しかしこれはコントロールがつきにくく、大変危険です。初めてスノーボードに挑戦する人は、進行方向は斜面に対して横向きにし、右から左と斜めに滑りましょう。こうすることでボードの特性を理解し、よりボードを扱いやすくなります。このとき、平らな部分よりもある程度斜度の付いている斜面で練習したほうが滑りやすくいですよ。

目的地を決めよう

とりあえずなんとなく進む。これではいつまで経っても上達しません。ある程度の目標を決めて練習しましょう。ひとまず、コースの反対サイドに目標値を決めて、たどり着けるようにボードを操ってみましょう。いきなり思い通りに進める人はそう居ません。重心が後ろになったり、斜めに滑るのでスノーボードの爽快感もない。それでも何度も挑戦することが大事です。ボードのセンターに乗れるよう練習し、スピードコントロールを覚えることで今後の練習や滑りにつなげていきましょう。特に『頭はうなだれない』『肩は水平に』の2点は覚えておきましょう。

ボードの特性を理解しよう

少し慣れてきたら、片足に体重をかけてボードの向きをずらしてみましょう。この動作はターンやトリックにも使うので、覚えて損はありません。スノーボードの特性である『前重心でノーズがずれ、後重心でテールがずれる』も体で覚えることが出来ます。だから何だとも思われがちですが、この動作を身につけることでより曲がりやすく、ボードをコントロールできるようになるので意外と重要です。ボードコントロールが身につき、あんまり転ばなくなるまでは横に向かって進む練習をしましょう。それに慣れたらターンの練習。すると、いきなり始めるのと比べてスムーズに滑ることが出来ます。
スポンサードリンク