初心者向けスノーボードテクニック

スポンサードリンク
スノーボードで上手く滑れるようになるための心得やフォーム、滑りのポイントなどなど初心者向けのスノーボードテクニックについてまとめています。参考にしてみてください。
スポンサードリンク
スノーボードを上手く滑れるようになるための心得と気持ちの持ち方
スノーボードを上手く滑れるようになるための心得と気持ちの持ち方生まれて初めてスノーボードを履いて、いきなり思い通りにターンできたらいいですよね。 しかしながら、そんなうまい話はありません。 ただ、上達を加速する原則はあるのです、同じ初心者でも、すぐウマくな
スノーボードとスキーはどっちがいいのか?考えてみた
スノーボードとスキーはどっちがいいのか?考えてみた日本の二大スノースポーツといえば、スノーボードとスキーです。スキーはスノーボードの大先輩で、まだまだスノーボードより圧倒的にメジャーです。 ただスノーボードも猛ダッシュで追い上げています。ライバル同士のような
スノーボードのスタイル
スノーボードのスタイルスキーにアルペンやフリースタイルなどがあるように、スノーボードにも、アルペンとフリースタイルとオールラウンドがあります。スノーボードのアルペンとフリースタイルの差は、スキーよりもダンチです。 板も違えばブーツなんかまるっきり別物。当然バ
レギュラーかグーフィーか 自分に最適なフォームの決め方
レギュラーかグーフィーか 自分に最適なフォームの決め方ボードは様々な体のアクションを通してコントロールするもの。しかし、まず覚えておきたいのはまっすぐ滑る感覚です。まっすぐ滑るためにはベストな姿勢、つまりナチュラルポジション(基本姿勢)を覚えましょう。突然です
スノーボードの基本ウォーミングアップやバインディングの装着方法
ウォーミングアップを忘れずに馴染みのない雪山でスノーボードをするのでわくわくする気持ちはわかります、しかしウォーミングアップはやっておきましょう。雪山とはいえ雪が少ない場所や、転倒時に硬い雪質で転ぶこともありえます。 転倒次第では骨折だってあるかもしれません
フロンサイドターンとバックサイドターンの練習の仕方
フロンサイドターンとバックサイドターンの練習の仕方『バックサイドターンは得意だけど、フロントサイドターンは苦手』こういった片方のターンは出来て、もう片方が出来ないという人が結構居ます。実はこのターンの苦手さにはれっきとした理由があるのです。 ターンの苦手
スノーボードのターンをすぐに上手く綺麗にできるようになる裏ワザ
スノーボードのターンをすぐに上手く綺麗にできるようになる裏ワザターンより先に横向きに真っ直ぐ滑る方法については別のページで紹介したとおりですが、ターンできずにコースの端まで来てしまった場合はどうしましょう? まず止まり、そのあと向きを変えなければなりません。
スノーボードで滑っている時の正しい目線
スノーボードで滑っている時の正しい目線足元を見るのはボードに慣れてない初心者や中級者にありがちな行動。しかし、これをやらかすと上達に歯止めをかけてしまいます。理由として、足元を見ると首が下がり、姿勢が保てなくなるのが1つ。もう一つは足元を見ることで恐怖心がわき
切れ上がるターンは滑るラインをイメージしよう
切れ上がるターンは滑るラインをイメージしようスポーツにおいて『イメージトレーニング』があるように、どのようなラインを描いて滑るかを考えるのも上達する上で大切なポイントです。『なるようになれ!』で滑っても上達しません。 しっかりとしたイメージを持てばさらなる上
スノーボードでスムーズなターンをするコツと練習法
スノーボードでスムーズなターンをするコツと練習法何もしなくても雪面が傾いていれば、ボードは自然と滑ってくれます。 しかもスノーボードの場合、力加減さえ身に付ければ『なんとなく』で曲がってくれます。かっこよさもありますが、感覚で滑ることのできるスノーボードはコ
| 1 | 2 | 3 | 次ページ >>