スノーボード オーリー(回転トリック)の練習方法とコツ

スポンサードリンク

スノーボード オーリー(回転トリック)の練習方法とコツ

オーリーはその場で飛び跳ねて回転するトリックで、普通のゲレンデでも出来るトリック。ジャンプ台から大回転するうものとは若干毛色が違います。単純に真っ直ぐ飛ぶものから180度スピンの『オーリートゥフェーキー』や、1回転するものまでさまざまです。これも練習すれば簡単に覚えることが出来ます、もし人前でこのオーリーを決められたら、もしかするとあなたを憧れてスノーボードを始める人が出てくるかもしれません

上体をひねり、下半身を追従させる

テイクオフのやり方はエアトリックの項目で紹介したとおり『低く構えてポイントに入る』『テイクオフのポイント直前で身体を伸び上がらせる』『浮いたら抱え込むようにボードを惹きつける』『ショックを抑えるように着地』の4段階の最初、2つ目まで行います。伸び上がってからがオーリーの真骨頂、上体を回転したい方向へとひねり、下半身のボードを上半身に合わせると、思い通りのオーリーが出来ます。初めは小さなギャップを利用して、オーリーを行うタイミングを見つけましょう。無理に開店しなくても構いません。慣れたら思い切りのままに回転しましょう。フィギュアスケートの浅田真央だって小さな身体でトリプルアクセルを決められるもの……と言っても違いがありますので、そのぐらいの思い切り、気持ちが大事です。初めのうちはスピンを入れることに恐怖心を覚えますし、その結果失敗することもありえます。これで『もうだめだ』となってしまえばそこまで。しかし、もっと手っ取り早い方法があります。それは陸上でシミュレーションを行うことです。ボードを履かずに半回転、あるいは一回転を入れてジャンプしてみましょう。この時は上半身を捻ってから下半身を追従させるようにしましょう。『うまく出来たかも』という感覚を覚えればしめたもの。実際のオーリーもきっとうまくいきます。
スポンサードリンク