スノーボード ショートターン(小回りターン)のコツ

スポンサードリンク

スノーボード ショートターン(小回りターン)のコツ

ショートターンのコツは上体を軸にし、下半身だけを振る事にあります。数メートルしか幅のない狭いコースでもっとも力を発揮するのがこのショートターン。サイドスリップでズルズルと落ちても問題ないのですが、これだとなんとなく締まりません。滑るならスイスイとショートターンで滑ってみたいものです。
ショートターンは『小回りターン』とも呼ばれ、ドリフトスウィングターンとカービングターンに分けられ、『ドリフトショートターン』と呼ぶ人も居ます。初めのうちはスピードの調整がしやすいドリフトスウィングターンから初めてみましょう。

段階を踏んでターンを短く

ショートターンの基本は上体を振らず、下半身だけを動かすことにあります。1,2,1,2のリズムで下半身を振り、リズムを取る。
最初からこのリズムに乗れないのであれば、まずは大回りから初めて中回りに直し、最終的に小回りターンを行っていきましょう。段階的に短くすれば感覚もつかみやすいはずです。初心者にありがちなのが、最初の数ターンは良くても次第にスピードが出てしまい、暴走するケース。
これはブレーキングが瞬間的なため、スピードが殺せないことが原因にあります。しかし、それを増長させるのが後ろに重心が乗った『後ろ乗り』。知らないうちに腰が引けてませんか?慣れないうちはしっかりヒザを締め、重心をセンターにキープ。怖さを忘れて前に踏み出すぐらいの勢いでやりましょう。
スポンサードリンク