スノーボード 急斜面を攻略するコツ 滑り方

スポンサードリンク

スノーボード 急斜面を攻略するコツ 滑り方

親切なゲレンデであれば『この先、急斜面注意!』といった看板や表示が立っているはず。ですが、時としてそのような表示もなく崖みたいな斜面に出くわすこともありえます。遭遇する前にゲレンデの地図を確認して避けるのも一つですが、やはり急斜面を攻略する『コツ』を身につけておいて損はありません。とはいえ、滑りの基本が変わるわけではありません。ただし急斜面、初心者じゃなくても恐怖を覚える部分と言えます。そう、ここでもやはり壁になるのは『恐怖心』。これが働いてしまうと間違いなく重心が後ろに乗ってしまい、ボードが思うように動かなくなってしまいます。 

思い切って前に身を投げ出せ!

もちろん恐怖無く急斜面を滑りきる人はそうそう居ません。なにせボードのセンターに重心を向けるということは、ボードが下にむいている時に体を投げ出すような状態になること。斜面と垂直に立ち上がる必要がある異常、恐怖心も半端ではないでしょう。初心者にとっては難関にも思える急斜面ですが、これが出来ないと急斜面でボードが引っかかり、転倒の恐れだってあります。騙されたと思って前に身を投げだしてみましょう。垂直に立ち上がることが出来れば却ってボードは回りやすくなる。これは力学でも証明されています。感覚としては前足よりもさらに前に重心を持って行くぐらいがちょうどよく、もしショートターンを行うのであれば、ボードが目線から消えるような姿勢で滑れば問題ありません。怖くてターンが出来ないのであれば、ごろりと転がって向きを変える。怪我をしないためにもこの方法が無難といえます。
スポンサードリンク