スノーボード コブ クリアするために必要な2つの言葉

スポンサードリンク

スノーボード コブ クリアするために必要な2つの言葉

スノーボードは力を入れることでたわんで回る、つまり力を加えては抜きを繰り返すことでターンを行います。この動作はタイミングが最も重要で、これを会得できるかどうかが上達のスピードを左右するほどです。この力を抜く方法には2通りあります。『伸身抜重(しんしんばつじゅう)』と『屈身抜重(くっしんばつじゅう)』の2つです。どちらも難しそうですが、内容は文字通りといってもいいでしょう。

伸身抜重と屈身抜重の違い

立ち上がるように体を伸ばし、ヒザからボードにかけていた力を開放。そして踏み込むときは足を押し出す感じをとる。これが『伸身抜重』です。『屈身抜重』の場合、抱え込むように身体を曲げ、ボードを惹きつけるようにかけていた力を開放し、沈み込むようにボードを踏み込むやり方です。どちらも『ターンをしようと思った時』に抜重するもので構いません。普通のターンの場合、意識しなければほとんど伸身抜重が行われていますので、意識しなくても問題ありません。逆に問題なのが屈身抜重。この抜重法が使われるのは主に出っ張っている斜面やコブだらけの斜面といった複雑なコースです。このような場所で斜面の出っ張っている部分で抱え込めばスムーズに滑れるというわけです。コブ斜面は上級者でも失敗することがある難関コースです。もしこのような斜面を滑らざるを得なくなった場合、まっすぐに滑らず左右に幅一杯使いながら滑るようにしましょう。足の曲げ伸ばしを有効利用し、頭の上下動をなるべく少なくし、5コブぐらい横に離れて滑走。そしてターンしやすいところで曲がります。ここでもターンするときは上体をしっかりひねって先行動作を行いましょう。ボードが曲がりにくかったら、少し飛んで回してみましょう。間違ってもコブ斜面にいきなり挑むようなことは控えましょう。怪我につながります。
スポンサードリンク