スノーボード アイスバーンで滑るコツ

スポンサードリンク

スノーボード アイスバーンで滑るコツ

一度暖かくなった後に冷え込むと、斜面が氷のように固くなってしまいます。これをアイスバーンと言い、非常に滑りやすく硬い雪面を指します。このアイスバーン、避けて通っていてもシーズンに数回は出くわすもので、特に春先や日陰の斜面では起こりやすいシロモノです。ならば、逃げずにチャレンジして克服しちゃいましょう。嫌われがちな斜面だからこそかっこ良く滑って注目を浴び、その成功あってこそますますスノーボードが好きになれるのです。

エッジングはブレーキングの要領で

アイスバーンのポイントは『強くて確実なエッジング』にあります。前や後ろに重心があるとボードがずれ、暴走してしまいます。このエッジングを強めるためにはブレーキングの要領で通常のターンより肩を谷側に落とすことです。さらに、裏技として『エッジをのこぎりのようにギザギザにする』改造を施す手もあります。これならアイスバーンも平気ですし、普通の斜面に戻ってもあまり違和感はないはず。もちろんこのような改造を施すこと自体がルール違反という人もいるので、行うときはゲレンデのマナーを理解の上行いましょう
スポンサードリンク