屈身抜重をマスターするにはポールレッスンが一番最適?

スポンサードリンク

屈身抜重をマスターするにはポールレッスンが一番最適?

一般ボーダーが気軽にできるかは置いておくとして、ポールトレーニングは屈身抜重をマスターする上で最適なトレーニング方法です。ポールをくぐる楽しさもありますので、セット可能なゲレンデでは一度試してみましょう。このポールトレーニング、普通のゲレンデでフリーで滑るのと比べて通常の抜重ではうまく滑ることが出来ません。したがって屈身抜重を身につけ、くぐっていくわけです。ポールが見えたら沈み込み、伸び上がりながらポールを抜けるを繰り返し、両手が常に前に構えましょう。ポールをなぎ倒していくイメージでかかるといいでしょう。こうすることでスピードに強くなり、上体が遅れなくなります。レギュラースタンスだったら右手、グーフィースタンスだったら左手が視界から消えるとアウト、身体が開いてしまっているので重心が下がり、近いうちに暴走してしまいます。これらを気をつければ屈身抜重網膜なり、フリーライディングでも細い場所を軽々と滑ることが出来るはずです。レースに出ることだって夢ではなくなります。どうです、一度レースに参加して注目を一矢に集めてみませんか?
スポンサードリンク