空中で方向転換ができるエアターン ギャップを使った初心者でも飛べるコツ

スポンサードリンク

空中で方向転換ができるエアターン ギャップを使った初心者でも飛べるコツ

初めのうちは雪面からボードが少し浮いただけでも結構飛んだ気になるのか、たった数センチでも雪面から離れれば結構コワイものです。慣れれば『浮くこと』に対する恐怖心も薄れますが、何より浮くことがボードのターンをやりやすくすることに気づくはず。雪面と違い、空中では抵抗力が少なく、簡単にボードの向きが変わるからです。初めは小さなギャップを見つけ、そこからジャンプしてエッジの方向を変えてみましょう。飛ぶとわかっていながらなので、タイミングとしてもつかみやすいはずです。

低い姿勢からおもいっきり体を伸ばす

手順として、まず低い姿勢でターンに備え、ジャンプした瞬間おもいっきり体を伸ばし、回りたい方向にボードを少し向ければいいのです。この時の注意点として3つ。1.空中でボードを回しすぎない2.中途半端でも焦らず、着地してから最後まで回しこむ3.着地する自分をイメージするこのポイントをしっかり守ることで上手なエアターンを行うことが出来ます。なお、障害物があったり混雑している時にエアターンを行うのは危険です。絶対にやめましょう。ジャンプはヒザを積極的に使います。あらゆるトリックを上達させる上でも有効ですので、タイミングを見計らって積極的に使っていきましょう。
スポンサードリンク