スノーボード上級テクニック

スポンサードリンク
ショートターンやエアターン、力の抜き方や抜重と重心の落とし方など、スノーボード上級テクニックについて紹介しています。参考にしてみてください。
スポンサードリンク
スノーボード ショートターン(小回りターン)のコツ
スノーボード ショートターン(小回りターン)のコツショートターンのコツは上体を軸にし、下半身だけを振る事にあります。数メートルしか幅のない狭いコースでもっとも力を発揮するのがこのショートターン。サイドスリップでズルズルと落ちても問題ないのですが、これだとなんと
空中で方向転換ができるエアターン ギャップを使った初心者でも飛べるコツ
空中で方向転換ができるエアターン ギャップを使った初心者でも飛べるコツ初めのうちは雪面からボードが少し浮いただけでも結構飛んだ気になるのか、たった数センチでも雪面から離れれば結構コワイものです。慣れれば『浮くこと』に対する恐怖心も薄れますが、何より浮くことがボ
スノーボード アイスバーンで滑るコツ
スノーボード アイスバーンで滑るコツ一度暖かくなった後に冷え込むと、斜面が氷のように固くなってしまいます。これをアイスバーンと言い、非常に滑りやすく硬い雪面を指します。このアイスバーン、避けて通っていてもシーズンに数回は出くわすもので、特に春先や日陰の斜面では
スノーボード コブ クリアするために必要な2つの言葉
スノーボード コブ クリアするために必要な2つの言葉スノーボードは力を入れることでたわんで回る、つまり力を加えては抜きを繰り返すことでターンを行います。この動作はタイミングが最も重要で、これを会得できるかどうかが上達のスピードを左右するほどです。この力を抜く方
スノーボード 急斜面を攻略するコツ 滑り方
スノーボード 急斜面を攻略するコツ 滑り方親切なゲレンデであれば『この先、急斜面注意!』といった看板や表示が立っているはず。ですが、時としてそのような表示もなく崖みたいな斜面に出くわすこともありえます。遭遇する前にゲレンデの地図を確認して避けるのも一つですが、
屈身抜重をマスターするにはポールレッスンが一番最適?
屈身抜重をマスターするにはポールレッスンが一番最適?一般ボーダーが気軽にできるかは置いておくとして、ポールトレーニングは屈身抜重をマスターする上で最適なトレーニング方法です。ポールをくぐる楽しさもありますので、セット可能なゲレンデでは一度試してみましょう。この
スノーボード ジャンプ(エアトリック)をする練習法 コツと注意点
スノーボード ジャンプ(エアトリック)をする練習法 コツと注意点スノーボードは雪の上を滑るだけではなく、空をも滑るもの。かっこいいエアトリックが決まればその会館たるやすさまじいもの。周囲もあなたに目を引きつけられることでしょう。しかし、なれない人にとってエアト
スノーボード オーリー(回転トリック)の練習方法とコツ
スノーボード オーリー(回転トリック)の練習方法とコツオーリーはその場で飛び跳ねて回転するトリックで、普通のゲレンデでも出来るトリック。ジャンプ台から大回転するうものとは若干毛色が違います。単純に真っ直ぐ飛ぶものから180度スピンの『オーリートゥフェーキー』や
スノーボード メンテナンス方法 滑りが変わるセッティング
スノーボード メンテナンス方法 滑りが変わるセッティングボードを買った人はゲレンデに行ってすぐに滑ることができる……のは間違いです。実際は滑れるのですが、これはあくまで買って軽く調整をしてもらった後の話。ある程度はショップで合わせてもらえますが、実際に滑ると不